第12回森林利用学会研究発表会

座長

時間

発表者

共同発表者

発表者所属

タイトル

陣川雅樹

9:00

鹿島潤

森林総研

高性能林業機械オペレータのシートベルトに対する意識

9:15

近藤稔

小林洋司

名大院生命農

いびつな形状をしたH型架線の静力学的問題

9:30

田坂聡明

有賀一広・小島丈尚

宇都宮大農

木材搬出用受け渡し式搬器の検討

岩岡正博

9:45

佐々木尚三

山田健・佐々木達也・小林洋司

森林総研北海道

全方向移動形林業用ベースマシンの構造と走行性に関する諸問題

10:00

熊谷和也

新井義和・曽我正和

岩手県立大院ソフトウェア情報学

枝打ちロボットのための枝検出システムの開発

10:15

與儀兼三

岡部茂・宅和正彦

広島県立林技セ

森林バイオマス収集・運搬の低コスト化に関する研究─枝条・梢端部の圧縮結束装置の開発─

立川史郎

10:30

望月春美

山田容三

名大院生命農

森林組合における人材育成と技術習得の現状─愛知県豊川流域を事例として─

10:45

今冨裕樹

森林総研

安全作業を目指した新規林業就業者の育成に向けて

11:00

田中理恵

吉川正純・石川知明・山崎忠久

三重大生物資源

森林ボランティアのための講習会のあり方に関する調査

酒井徹朗

11:15

田中万里子

東農大

長伐期化の影響に関する一考察

11:30

板谷明美

芝正己

名大院生命農

eCognitionを導入した森林管理・作業空間領域の細部構造の自動判別─解析法の枠組みと応用性─

11:45

佐々木俊一

澤口勇雄・立川史郎

岩大農

GISによる岩手県における松枯れ被害ハザードマップの作成

仁多見俊夫

12:00

荒洋子

かん・きょう(株)

産学連携による新しい森林経営

12:15

昼  食  休  憩

今冨裕樹

13:15

吉田智佳史

田中良明

森林総研

機械化施業が植生多様性・土壌保全性に及ぼす影響評価

13:30

伊藤かおり

吉岡拓如・井上公基

日大生物資源

渓畔域での皆伐が渓流環境に与える影響─皆伐の影響を緩和する渓畔林帯の幅─

13:45

長峯秀和

豊川勝生・矢部和弘

東京農大

風雪害木の処理作業

14:00

中川典之

石川知明・山崎忠久・内迫貴幸

三重大生物資源

受口の形状が伐木の挙動に与える影響と安全対策器具の開発について

豊川勝生

14:15

近藤耕次

鹿島潤・吉田智佳史・岡勝・今冨裕樹

森林総研

トップハンドルチェーンソーによる枝打作業の作業能率

14:30

伊藤崇之

上村巧・佐々木達也

森林総研

補助具を使用した竹の伐倒作業時間について

14:45

上村巧

佐々木達也・伊藤崇之

森林総研

竹の摺動抵抗について

15:00

佐々木達也

上村巧・伊藤崇之

森林総研

竹枝払いの作業功程

15:15

岡勝

佐々木達也・近藤耕次・鹿島潤・濱本高光・加利屋義広・川添峰夫・小林洋司

森林総研

簡易な防護具を用いた残存木損傷の軽減効果の検討

15:30

休  憩

岡 勝

15:45

近藤道治

今井信

長野県林業総合セ

複層林の上木伐採にともなう下木損傷軽減法の検討─上木の伐採前枝打ち─

16:00

酒井徹朗

松田孝仁

京大情報学

林分密度管理管理図を用いた間伐計画について

16:15

菅野明芳

仁多見俊夫・小林洋司

東大院農

間伐作業における適正な集材機械の選択法に関する研究

16:30

仁多見俊夫

東大院農

システムダイナミックスによる素材生産作業システムのモデル化とシステム功程表

吉岡拓如

16:45

佐々木誠一

多田野修

岩手県林技セ

製紙用チップ工場で生産した土場残材チップの供給コスト試算

17:00

櫻井倫

仁多見俊夫・小林洋司

東大院農

平地狭小林におけるバイオマス収集コストの検討

17:15

神道徹平

佐々木誠一・立川史郎・澤口勇雄

岩大農

フォワーダによる林地残材の運搬作業功程について

近藤恵一

17:30

山口智

鈴木秀典・梅田修史・大川畑修

森林総研

集材機集材における路網計画

17:45

有賀一広

田坂聡明・吉岡拓如・酒井秀夫・渡辺定元

宇都宮大農

WEPPを用いた富士山麓作業道作設地における土砂流出予測