学術研究発表会 プログラム
時刻座長No分野筆頭発表者所属タイトル
9:00仁多見俊夫1その他今冨裕樹森林総研インドネシアにおける早生樹の施業及び施業に係る物質・エネルギー -アカシアマンギュウム人工林を事例として-
9:152その他吉冨亮太日大生物資源林業就業を支援する事業が抱える課題に関する考察
9:303その他吉岡拓如日大生物資源小規模私有林の団地化の可能性に関する検討 -神奈川県小田原市森林組合を対象としたケーススタディー-
9:454その他中林淳京大院情MASを用いた木材流通構造変化の将来予測
10:00佐々木尚三5機械白鳥亮介宇大農運材車両の自動走行のための走行路抽出手法に関する研究
10:156機械市原恒一鳥大農位置エネルギーを利用したモノレールのエネルギー効率
10:307機械可知秀規岐阜大枝打ちロボットの枝噛み防止機構の研究
10:458機械櫛橋康博早大WH研森林作業支援のための環境ロボットの研究(1) -システムの提案と基本機能の実装-
11:00市原恒一9機械山田健森林総研コンテナ苗自動耕耘植付機による林地植付け試験
11:1510機械佐々木尚三森林総研北海道クローラカート集材の可能性について
11:3011機械宇野暁紀名大院生命農高性能林業機械におけるエンジン回転数の変動特性 -フォワーダ・スイングヤーダを対象に-
11:45吉岡拓如12バイオマス菅野明芳森のエネルギー研究所枝葉のチップ化とチップボイラー廃熱による乾燥・燃焼実験
12:0013バイオマス仁多見俊夫東大院農森林木質バイオマスの収集システムとコストデザイン
昼休憩
13:15今冨裕樹14作業石川知明三重大院生資チェーンソー用の伐木作業補助器具の開発
13:3015作業鹿島潤森林総研下刈り作業の刈払機と刈刃の使い分け
13:4516作業福井遼京大農集材作業における繊維ロープの利用可能性
14:0017作業山口浩和森林総研グラップルローダを用いた荷役作業におけるオペレータの習熟特性
14:1518作業田中良明森林総研伐採率が直引集材の可能性に及ぼす影響の検討
14:3019作業岡勝森林総研傾斜地におけるハーベスタ・フォワーダシステムの作業分析と改善
14:45酒井徹朗20林道黒崎浩之農工大農地形を考慮した際の短距離架線の集材距離増加の評価に適した測定間隔の検討
15:0021林道猪俣雄太農工大農高密作業道の機能別配置の地形的特徴
15:1522林道櫻井倫東大院農GISを利用した地域林道,作業道計画の費用対効果の評価
15:3023林道田中万里子東農大間伐作業に伴う車道開設費の考え方に関する考察
15:45酒井秀夫24林道與儀兼三広島総研林技セ製紙スラッジ灰を原料とした造粒固化体の作業道への路盤材料としての試験施工
16:0025林道矢部和弘東農大地域環境作業道における片勾配の排水および浸食防止効果の検証
16:1526林道平林慧遠岩大農作業路作設機種が作設時間に与える要因
16:3027林道有賀一広宇大農栃木県鹿沼市私有林における作業道路網自動配置手法の検討
16:4528林道斎藤仁志宇大農高解像度DTMを用いた地形順応型林道設計自動化手法の検討
17:00学生優秀論文発表賞 表彰式