研究発表会プログラム
11:00〜 座長 酒井秀夫(東大農)
1.これからの林業経営に関する民有林経営者の意識・調査
 山田容三(森林総研)
2.小型プロセッサを使用した間伐作業方法の検討
 谷山 徹(愛媛県林試)・戸田正和(愛媛県丹原出張所林業課)
3.列状間伐の伐出作業による残存木被害の検討
 宇野博子・後藤純一(高知大農)
4.高性能林業機械によるトドマツ列状間伐林分の成長状況
 木幡靖夫・高橋幸男(北海道林試)

13:30〜 座長 大川畑修(森林総研)
5.循環路網における交通距離の短縮効果
 鈴木秀典・大川畑修(森林総研)
6.表土を撒き出した作業道法面における植生の推移
 山崎 一(京大農)・松場輝信・境慎二朗・淺野善和・松場京子(京大演)・楢崎達也(京大農)
7.鋼材・木材複合材の橋梁への応用
 並木勝義・山吉栄作(三重林技セ)・伊藤 久(NKK)・片岡福彦(JTM)・佐藤暢也(イイダ産業)

14:50〜 座長 今冨裕樹(森林総研)
8.下刈り作業時の機械作業と人力作業の能率と生理的負担の比較研究
 瀧本義彦・°李 成為(島根大)
9.中国でのカラマツの枝打ち作業功程と生理的負担についての研究
 瀧本義彦・李 成為・°張 愛民(島根大)・李 文彬(北京林業大)・市村秀樹(静岡大)
10.HealthandsafutyconditionsoftropicalforestryworkersinIndonesia
 SecaGandasecaandTetsuhikoYoshimura(京大情報)

16:10〜 座長 後藤純一(高知大農)
11.樹冠下における二周波型受信機を用いたGPS測量に関する検討
 長谷川尚史(京大農)・吉村哲彦(京大情報)・内山雅之・藤田義人(株式会社アカサカテック)
12.森林におけるGPSによる単独測位・ディファレンシャル測位の精度に関する検討
 吉村哲彦(京大情報)・長谷川尚史(京大農)・松本 健(京大情報)
13.林内におけるハンドヘルド型GPS受信機の測位精度
 立木靖之・尾張敏章(北大農)・仁多見俊夫(東大秩演)
14.レーザポインタとステレオ法による作業機の制御目標値の設定方法
 田中良明(森林総研)