プログラム

9:00〜 受け付け

9:30〜10:50 座長 豊川勝生 (森林総研)
1.インシデント調査による伐木作業の災害把握と危険要因の分析
  ○今冨裕樹・鹿島 潤 (森林総研)
2.フェールボーイの安全作業と軽量化方法の検討
  ○上村 巧・ 伊藤崇之 (森林総研)
3.自走式搬器の荷おろし自動化に関する研究
  ○伊藤崇之・上村 巧 (森林総研)
4.軽架線集材のための装置の試作と検討
  ○田坂聡明・熊倉由典・北村智也・長島俊行 (宇大農)

11:00〜12:20 座長 酒井秀夫 (東大農)
5.森林作業の機械化が林業の収益性に及ぼす効果
  ○笠原 肇・猪内正雄 (岩手大農)
6.北海道における多条植栽林分の実態と機械作業の可能性について
  ○木幡靖夫 (北海道林試)
7.在村・不在村森林所有者の森林施業実施状況
  ○松本 武 (名大院生命農)
8.複層林(二段林)上層木皆伐における下層木の被害について
  ○谷山 徹(愛媛県林業試験場)・戸田正和(愛媛県今治地方局林業課)

13:30〜14:50 座長 峰松浩彦 (東京農工大農)
9.牛は下刈りをするのか?
  ○吉村哲彦(京大情報)・杉本安寛(宮大農)・守屋和幸(京大情報)・北川政幸(京大農)
10.森林未利用バイオマス資源の林地への還元に関する研究(予報)
  ○吉岡拓如・五十嵐勇治・有賀一広・仁多見俊夫・丹下 健・酒井秀夫・小林洋司(東大院農)
11.多支点架線を用いた森林観測・利用システムの構築
  ○中村幸児・仁多見俊夫・小林洋司(東大院農)
12.森林エコツーリズムにおける環境資源の利用と機能発揮に関する研究
  ○貝瀬朋子・仁多見俊夫(東大農)

15:00〜16:40 座長 大川畑修 (森林総研)
13.複合規格路網の配置と機能の適正化
  ○仁多見俊夫(東大院農)
14.タワーヤーダによる集材を対象とした低規格路綱配置計画
  ○櫻井 倫・小林洋司(東大農)
15.間伐材を活用した木製土留工に関する研究 −栃木県内の施工事例と試験区の設定―
  ○熊倉由典・田坂聡明・坂本納見(宇大農)
16.4次回帰式導入による教師なし画像分類手法の考案 −パンクロ空中写真を用いた集材路・崩壊地の抽出―
  ○村上尚徳・澤口勇雄 (岩大農)
17.レザー測距器とデジタルカメラを用いた森林計測システム(予報)
  ○酒井徹朗・大崎智弘 (京大情報)

17:00〜19:00 懇親会