役員選出内規

第1条
この内規は会長,副会長,理事,常務理事,監事の選出について適用する。
第2条
選挙に関する事務は,常務理事及び主事が行う。
第3条
選挙並びに被選挙有資格者は,役員改選の前年の11月30日現在における正会員及び個人の賛助会員とする。
第4条
投票は,郵送によることができる。
第5条
常務理事会は,役員選出委員会を設置する。役員選出委員会は以下の業務を行う。
  • 理事選出選挙の実施。
  • 選出された理事に対する,常務理事および監事選出のための互選依頼。
  • 選出された常務理事に対する,会長,副会長選出のための互選依頼。
  • 選出された会長に対する,常務理事の指名依頼。
第6条
当選者の決定は次の方法による。
  • 常務理事,監事は得票数の多いものから定数までを当選者と定める。ただし得票数が等しい場合は抽選によって順位を定める。
  • 理事は,得票数の多いものから定数までを当選者と定める。得票数が等しい場合は下記の地区の会員数を考慮して選出するが,それで順位が定まらない場合には前号と同じく扱う(北海道,東北,関東甲信越,東京,中部,関西,中国四国,九州)。
  • 常務理事,監事に同一人当選の場合は常務理事を優先する。
第7条
総務担当常務理事は,開票結果を理事会に報告し承認を得る。
第8条
理事会で承認を得た役員は,総会で最終決定する。
第9条
当選者は,特別の理由がない限り役員を辞退することは出来ない。

(平成16年4月4日制定)
(平成20年3月29日一部改訂)
(平成22年4月5日一部改訂)