第23回森林生産システム研究会開催のご案内

―主伐時代の作業システム~
                  無人化はどこまで進められるか―

第23回森林生産システム研究会開催のご案内

主催:自動化集材作業共同研究機関・森林生産システム研究会
共催:森林利用学会
後援:兵庫県(予定)

場所:兵庫県丹波市山南町および青垣町
          現地検討会:兵庫県丹波市山南町梶地区山林
          <宿泊・情報交換会はセンターロッジおよびキャビン,シンポジウムは本館研修室>
宿泊・懇親会・シンポジウム:丹波少年自然の家(兵庫県丹波市青垣町西芦田2032-2,Tel. 0795-87-1633)
日程:平成30年11月30日(金)13:30 ~12月1日(土)12:00
11月30日(金)13:30~ 現地検討会
     <集合:(車の方)丹波市森林組合山南支所13:15 (JRの方)JR福知山線 柏原駅12:50>
     無人走行フォワーダによる木材搬出作業の見学(自動走行と自動荷降ろし)
12月1日(土)9:00~ シンポジウム(各講演タイトルは仮)
     <丹波少年自然の家 本館研修室>
     兵庫県の林業の動向と機械の自動化に期待するもの(兵庫県林務課 河田尚顕氏)
     丹波市森林組合の概要と現場での自動化の必要性(丹波市森林組合 辻浩志氏)
     無人走行フォワーダ開発の背景と課題,目標(森林総研 毛綱昌弘氏)
     無人走行フォワーダの構造-機械編(魚谷鉄工(株) 飯澤宇雄氏)
     無人走行フォワーダの構造-センサ編((株)舞鶴計器 阿部慶一氏)
     無人走行フォワーダの特性-挙動(森林総研 山口浩和氏)
     無人走行フォワーダの問題点-路面損傷(森林総研 鈴木秀典氏)
     無人走行フォワーダによる実証試験結果(森林総研 山口智氏)
     コスト分析から見えてくる自動集材作業の導入可能性について(兵庫県森林林業技術センター 小長井信宏氏)
     総合討論(12:00閉会:JR柏原駅までバスを運行します)

参加費:
 宿泊される場合:8,000円(学生5,000円)※宿泊費4,000円,情報交換会費3,000円,資料代1,000円
 宿泊されない場合:1,000円(資料代として。学生同じ)
定員:100名(先着締切,宿泊希望の方を優先させていただきますのでご了承下さい)

申込方法:森林利用学会HPの申込用紙を,11月2日までにe-mailまたはFaxでお送りください
申込み・お問合せ先:
 〒643-0521 和歌山県有田郡有田川町清水1269-3 1-3号
  京都大学フィールド科学教育研究センター和歌山研究林 清水分室
  第23回森林生産システム研究会事務局(担当:長谷川尚史)
  Tel :0737-23-7742
  Fax :0737-23-7742
  E-mail: hase@kais.kyoto-u.ac.jp
ご案内:(PDF版)(MS Word版)
参加申込書:(PDF版)(MS Word版)
地図:MAP
戻る