住友建機株式会社・住友建機販売株式会社

『住友の林業機械』

はじめに

住友建機は油圧ショベルとアスファルトフィニッシャーの製造・販売をグローバルに展開している建設機械メーカーです。油圧ショベルは「SUMITOMO」「Link-Belt(リンクベルト)」の2ブランドで一部エリアを除き世界展開しています。

日本の素材生産市場への参入

2004年に林業セグメントに参入しお客様の声(VOC)を聞いたところ「檜の枝打ちが出来る機械はありませんか?」と言われフィンランドのKESLA(ケスラー)社の製品でストロークハーベスタが出来そうだとの情報を得ました。いきなり製品として販売できる知識や力は有りませんでしたのでSH75X-3(0.3m3)の油圧ショベルに取付け、デモ機として色々な現場でテスト稼動を試みました。当時のKESLA社製のハーベスタのモデル名は「PATU410SH」。

“尺取虫みたいだな” “遅いな” “グラップルが小さいな” などと言われましたが、    “檜の枝打ちが出来るよ” “測尺が正確だよ” “間伐に適しているよ”との声がだんだん耳に入り始め販売台数が伸びてきました。

量産体制に移行

販売会社で装着した機械では色々な要望が出てきて対応が難しくなりました。そこで林業仕様の「専用機化」を実現する為には油圧ショベル本体から設計の見直しをして「小さくて力持ち」をコンセプトとし、ハーベスタのモデルチェンジも重ね、2009年4月1日から工場製品の一機種として、全て当社が保証できる林業仕様機として販売開始しました。

品揃え

  1. SH75X+KESLA20SH(ストロークハーベスタ)

  2. SH75X+KESLA20RHS(ローラハーベスタ)

  3. SH135X+KESLA25SH(ストロークハーベスタ)

  4. SH135X+KESLA25RHS(ローラハーベスタ)

  5. SH75X、SH135X 林業仕様機(木材グラップルやスウィングヤーダ用のベースマシン)

サービス体制&社外教育

当社の国内販売会社の全ての支店・営業所で対応可能です。又導入されたレンタル会社様向けにトレーニングセンターで定期的なサービス講習会も実施しています。


 

SH75Xハーベスタ仕様(Assemblyで工場より出荷されます)

 

   

ストロークハーベスタ

 

ローラハーベスタ